BlitzWolf BW-HOC5

Add to wishlistAdded to wishlistRemoved from wishlist 0
レビューを追加する
最低価格アラート
×
Notify me, when price drops
Set Alert for Product: BlitzWolf BW-HOC5 - $149.99
すべての価格

*完全に取り付けられた直立したハイバック
*ハイバックを自由に上げる
*最大限の快適さとリラクゼーションを実現
* 20°の範囲のシートの動き

説明

BlitzWolfは椅子に関しては止まらず、製品ラインにどんどん座席を追加し始めている。オフィスラインのBW-HOC5は、10数ポジションの調整が可能で、地球の良さをすべて誇っているが、1円単位の価格になってしまったのも事実だ。

私たちはこれまでかなりの数のブリッツウルフのチェアをテストしてきましたが、最大の特徴はコストパフォーマンスの高さで、基本的にはそのために購入しているわけです。BW-HOC5は、より高価なセグメントを征服しようとしています。階段を運ぶ頃には怒られるだろうから素材にもこだわっているし、27キロ近い重さもちょっとやそっとじゃない。

箱を開けると、シートの構成部品と六角レンチ、組み立てのためのマニュアルが出てきます。椅子の底部にある鉄製のブラケットにはエネルギーと価格のほとんどが費やされているようだ。このブラケットからアームが突き出ており、このアームによって椅子を無数に調整することができる。しかし、その他の部品の品質は決して高くはなく、実質的にはBW-GCシリーズと同じものです。生地の縫い目、ステッチ、使用されているプラスチック素材は低価格を叫んでおり、つまり従来のモデルとの違いは機能性にあります。

いくつかの要素のぐらつきも品質への信頼を破壊しています。特に、私は以前にIKEAのMarkusチェアに座ったことがありますが、2つの製品の違いは一目瞭然です。また、デザインが黒い塊のようになっていて、特定の要素を強調することができない。あ、でもやっぱり、背面のプラスチックカバーの要素はちょっとアレなので、改善の余地ありですね。

多くのオプションは、説明されると良さそうに見えますが、例えばアームレストはグラグラしているのに、表面は快適で柔らかいというのは、強い違和感を覚えました。また、背もたれの距離を調整するには神経質にジャリジャリと動かすしかなく、シートの背もたれを傾けるためのリールも正当な力以上の力で回さなければならず、「機械的」な部分は決して洗練されているとは言えない。とはいえ、全体的には違和感はなく、調整を重ねれば非常に快適なシートになると思います。ただ、量的にはレバーやハンドルが多すぎて、何をするものなのか説明書を見ながら確認していました。

座面と背もたれの素材については、まあ、もっと下品な布のようなものだと思いますが、何でも革に見せかけることができることを知っているので、素材の種類で価値判断をするのはとてもためらわれます。背もたれはプラスチックのメッシュのようなもので、座面はもっと需要のない生地だと思いますが、どちらも夏の暑さで汗をかかないとは思えませんが、3月にはどうにもテストできませんでした。とはいえ、毛布をかけてみたのだから、生地の使い道は問題ないだろう。

BW-HOC5の問題点は、品質が価格に追随せず、機能だけが追随していることです。重いからこそ素材感があるのに、品質は特に良くないし、機能も不便で、調整するのが楽しくない。また、例えば安価な製品であれば、シリコン製のキャスターや金属製の足を使うことができるのに、はるかに高い価格のHOC5ではそれが合わないというのもおかしい。また、どこの家具屋さんでも同じ値段で似たような、あるいはそれ以上の椅子が手に入るのも不思議ではない。

BlitzWolf BW-HOC5 価格

Price History

-

追加情報

仕様: BlitzWolf BW-HOC5

仕様 モデル:BW-HOC5, カラー:ブラック, 素材:メッシュ+ PU, 重量:21.1kg, 負荷:350ポンド

レビュー (0)

註釈

0.0 out of 5
0
0
0
0
0
レビューを書く

まだレビューはありません。

最初にレビューする人になる “BlitzWolf BW-HOC5”

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

COMEBUY
Logo
Enable registration in settings - general